即日融資で収入を証明する書類の提出を求められるのは?

即日融資は消費者金融などの貸金業者が、かなり以前から行っていた融資の方法です。申し込んだその日に審査が終わり、その日のうちに融資も実行されるというものです。担保を取らず保証人も不要というものが殆どで、お金が必要なときに頼りになるキャッシングとして認知されています。しかし総量規制によって年収の3分の1を越える貸付を行ってはならないということになってから、年収についての審査は厳しくなりました。とはいえどんな時にも年収を証明する書類の提出を求められるわけではありません。


<貸金業者が行う即日融資で収入を証明する書類と、その提出を求められるケース>

即日融資を行っているような貸金業者が収入を証明する書類によって申込者の年収を確認しなければならないのは、50万円を越える貸し付けを行う場合、他社と合わせて100万円を超える貸付を行う場合、前回趣入を証明する書類で確認してから3年以上が経過している場合の3つです。この場合には「必ず確認するように」と法律に定められています。初めての借入で50万円を超えないものであれば、大手の貸金業者は収入を証明する書類に提出を求めないことも見られます。しかしそれ以外にも確認書類の提出を求めることは法律に反するものではありませんので、業者によっては「どんな貸し付けでも収入確認書類の提出を求める」という経営方針のところもあるでしょう。

参考:消費者金融の無人契約機 >> 無人契約機でもキャッシングを行う場合も書類を準備しなければいけませんが、誰とも顔を合わせずにキャッシングを行うことが可能です。

Comments are closed.